Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/9   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark | 2015.01.23 Friday | category:-
Home >> 時事関連 >> ミートホープ社はウサギの肉まで!

ミートホープ社はウサギの肉まで!

北海道苫小牧市の食肉加工会社「ミートホープ」(破産)の食肉偽装事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された同社社長田中稔容疑者(69)らが偽装ミンチを作る際、豚肉や鶏肉のほか、ウサギ肉も混ぜていたことが、道警によるDNA鑑定の結果で分かったというから驚きである。

 道警は、田中容疑者らが利益を少しでも増やすため、安価な肉を混ぜたとみて調べているらしいが、ウサギの肉を何処から仕入れていたのだろうか。

 農林水産省の調査や元従業員の証言から、偽装ミンチにはこれまで、豚のほか、羊や鶏、カモの肉が混入されていたことが分かっているらしい。

 田中容疑者は今年6月下旬までの約1年間で、約138トンの偽装ミンチを327回に分けて販売した疑いが持たれている。

道警は取引先の食品会社から327回分すべてのミンチの提供を受け、DNA鑑定をしたところ、うち1回分でウサギ肉が混入していることが分かったらしい。

そもそも、ウサギの肉を食用として卸している会社があること自体が驚きである。

北海道では、ウサギの肉を食用としているのは常識なのだろうか?

私も知らないでウサギの肉を食べさせられた事が有るかも知れないと思うと、とても許せない話である。

いくら、会社経営の為とはいえ、ここまで消費者を欺いた事に対しての処分はかなり重いものであることでしょう。


一部、Yahooニュースより引用しています。
| ハワイ移住を夢見る貧乏社長 | 21:50 | - | - | pookmark | 2007.10.25 Thursday | category:時事関連
Home >> 時事関連 >> WikiScanner

WikiScanner

WikiScanner』で解った総務省や文部省の情報操作

WikiScanner』の日本語版がこの度、利用可能となったが、これで調べると、様々な、Wikipediaへの書き込みがどこからの書き込みなのか調べることができるらしい。
しかし、そのためにはIPアドレスや正式な組織名などが解っていないと調べる事は出来ないらしい。

ただ、それさえ解っていれば様々なWikipediaへの書き込みは、バレバレになってしまうわけで、それが、省庁のパソコンから、個人的に書き込んだとしても足跡が残ってしまう訳です。

公務員や大企業にお勤めの方々、あなたのWikipediaへの書き込みが、『WikiScanner』でバレバレになって大問題に発展することも考えられますので要注意ですよ。

今『WikiScanner』で解っている物だけでも、省庁の総務省のIPアドレスで、電子投票の項目が10回以上編集されて、電子投票のセキュリティに関する内容が書き換えられていたり、「水曜日どうでしょう」の企画を詳しく説明する書き込みが行なわれていたらしい。

文部省のIPからは、関係者のスキャンダルの書き込みが削除されていた。
また、文部省自体の作成したサイトを自作自演で評価を上げるような書き込みもあったようだ。

厚生労働省では、アダルトゲームに対する解説で書き込みがなされていたらしい。
それは、個人的な物であると思われるが、厚生労働省とは、そんなに暇なのだろうか?

農林水産省においては、ガンダム関連に大量の書き込みがあったようだ。

各省庁のみなさん、仕事とプライベートをきちっとしておかないと、市民が見ていますよ!。
| ハワイ移住を夢見る貧乏社長 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark | 2007.08.29 Wednesday | category:時事関連

konekuri

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Recommend

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
美白治療